第147回   サッカーのワールドカップが始まった!!
2018年6月20日  
 
 

 サッカーワールドカップ、ロシア大会が始まりました。世界中のサッカーファンを興奮のるつぼと化すサッカー最大のイベントです。日本でもテレビや新聞が多くの特集を組んで煽り立てていますので、にわかサッカーファンが増えて盛り上がっているようです。開幕してほぼ1週間が経ち、早くも悲喜こもごものドラマが起こっています。
 こうなると、自称スポーツ万能辛口評論家を自負している私としてもひと言論評しない訳にはいきません。

 ワールドカップはスペインやイングランド、イタリアなどの強豪リーグに所属している超一流プレイヤーがそれぞれの国に戻ってナショナルチームを結成し、国の名誉をかけて戦いますから、その迫力は簾覚ましいものがあります。又、世界中のサポーターがロシアに集まって熱狂的な応援をするのでそのエネルギーも半端ではありません。
 ところが開催前はロシア国内での関心が今一乏しいと懸念されていました。もともとロシアはFIFAランキングも低く、サッカー大国ではありませんので、サッカー人気はあまりなかったと云う理由もあります。しかし、14日のオープニング戦で地元ロシアがサウジアラビアに5対0の大差で勝ったので一気に盛り上がってきました。だいたいこのような催し物の類は地元が勝てば盛り上がるものです。
 勿論、日本もアジア地域を勝ち抜いて出場権を得ました。しかし、本戦での期待度については少々弱気になってしまいます。先ず、監督が開幕2か月前に突然交代したことによる選手たちの戸惑いが問題です。精神的動揺もあるでしょうし、戦術が変わった戸惑いもあるでしょう。又、選手起用の変化もあるでしょう。しかし、みんな一流選手ですからその辺はもう整理がついたでしょうが、そんな事より絶対的な技術力、体力が他国の選手より少し劣っている気がして心配です。もう一つ気になるのが、結局前回のブラジル大会の主力選手が大勢残って主要ポストを占めそうなことです。世界がどんどん新陳代謝をして強くなっているのに、4年前のピーク時に1勝も出来なかった選手に期待するのは無理なような気がします。しかし、選手は既に決まっていますので、そこを埋めるのは戦略、組織力です。これは豊富な発想力、奇策的思考力など、要するに監督の頭脳に罹っていると思います。最後は今どき流行りませんが精神力の強さと云うことでしょう。
 各大陸の地区予選を勝ち抜いた32チームでワールドカップは争われますが、32チームを4チームずつ8組に分けて1次予選を戦い上位2チームが決勝トーナメントに進出できる仕組みになっています。1次予選の組み合わせは、一応FIFAランクや地域を考慮して抽選でAからHの8組に分ける訳ですが、この抽選で運不運が出来ます。E組などは死の組と云われていますが、一方で主催国ロシアが入っているA組は如何にも楽な組になりました。ロシアが主催国特権でファーストシードに入っているので、他にファーストシードが居ないだけでも有利ですが、 ランキング最高がウルグアイの14位。次がエジプトの45位、サウジアラビアは出場国最下位から2番目の67位です。そしてランク最下位が70位のロシアですので何だか出来レースのような気がします。ちなみに日本のいるH組はポーランド8位、コロンビア16位、セネガル27位で、ランク61位の日本にとっては皆格上で厳しい戦いになります。
 今大会には超一流選手の中でも、飛び抜けているスーパースターが3人います。一人はポルトガルのロナウド。他はアルゼンチンのメッシとブラジルのネイマールです。私は3人とも前大会の時がピークだと思いますが、それはともかく、それぞれの第一試合の活躍にかなりの明暗が出ました。ロナウドはスペインを相手にハットトリック、3得点を挙げました。なかでも1点リードされた終了間際のフリーキックでの直接ゴールは絶品で、さすがロナウドと云う所です。一方、メッシはシュートは10本位打っていましたが、皆外れ、最も残念だったのはペナルティキックも外してしまって、役員席で見ていた元アルゼンチンのスーパースター、マラドーナさんも“オー、マイガット”とひっくり返っていました。ネイマールは徹底的にマークされ、激しいタックルに会い苦戦していました。そのため決定的な場面が作れず、可も無し不可も無しと云う所です。偶然3試合とも引き分けでしたが、ポルトガルはロナウドの活躍で強豪スペインと引き分け。アルゼンチンとブラジルはスーパースターのゴールが無くて格下に痛い引き分け。同じ引き分けでも意味合いはずいぶん違うと思います。
 もう一つのトピックスは、前回王者のドイツが初戦敗退したことです。前ブラジル大会でもその前の王者スペインが初戦敗退して決勝トーナメントにも出られませんでした。さて、今回ドイツは連覇出来るのか、それとも1次予選で敗退してしまうのか?

 本当は日本とコロンビアの試合が終わってからこのコラムを書きたかったのですが、結果によっては、すっかりモチベーションが下がり、誹謗中傷的になりそうで私の品位も下がってしまうので試合前に書きました。張り切って書いた文章が虚しいものにならないように期待しています。
 でもこのコラムが出る頃はもう結果が判っているでしょうね。
日本頑張れ!! 最低でも引き分けてくれ!!
 
 
星ヶ丘マタニティ病院 理事長 近藤 東臣  
 
 
▲PageTop  
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved