総合案内
産婦人科
おっぱい
生殖医療センター
アロマセラピー

よくある質問 生殖医療センター

 
 
 
質問をクリックすると回答が表示されます。
 
Q1  
不妊のことで病院に行きたいと思っています。どの時期で受診したらよいですか?
A1  
診察・治療を受けていただく前に、検査や治療のスケジュールについてご説明させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。その際、次回の受診の時期についてお話させていただきます。
 
Q2  
基礎体温をつけているのですが、体温がバラバラで二相性にならないので排卵日がよくわかりません。
A2  
基礎体温表で排卵日を推測することは難しいので、超音波で卵胞の大きさを測定したり、尿検査によりホルモン値を測定するなどして、正確な排卵日を推定します。
 
Q3  
不妊症の検査の中には痛みを伴う検査があると聞いていますが本当ですか?
A3  
基本的に痛みを伴う検査はございません。ただし子宮卵管造影検査の際に卵管が閉塞している場合には多少痛みを感じることがあります。ご心配な場合はご相談ください。
 
Q4  
排卵誘発剤について多胎の確率や副作用など教えてください。
A4  
排卵誘発剤には内服薬と注射の2種類があります。内服薬(クロミッド)の場合は妊娠をされた場合の約6%、注射( HMG )の場合は約15〜20%の頻度で多胎が起こります。
注射の場合は排卵後に卵巣が腫れてしまう卵巣過剰刺激症候群という副作用を起こすこともあります。
 
Q5  
不妊治療は高額になると聞きますが、どれくらいかかりますか?
A5  
高額になるのは高度生殖医療になります。詳しくはこちらをご覧ください。一般不妊治療の診察や検査は保険診療の適応です。
 
Q6  
家族(子供や夫)を連れての診察は大丈夫ですか?
A6  
お子様がご一緒でもかまいません。ご主人には診察の結果や今後の方針などを奥様とご一緒に聞いていただけます。
 
 
▲PageTop  
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved