内科
心療内科
おなかケア外来
健康診断
予防接種/MR
予防接種/
帯状疱疹(みずぼうそう)
予防接種/肺炎球菌

予防接種/帯状疱疹(みずぼうそう)

 
   
       
 

帯状疱疹(みずぼうそう)について

 
  みずぼうそう(水痘)は、水痘・帯状疱疹ウィルスによって発症します。はしか、結核と同様に、空気感染し、感染力が強いとされます。感染後、通常2週間前後の潜伏期間を経て、全身の発疹、倦怠感、発熱等の症状が出現します。成人や妊婦が発症すると、合併症の起こる確率が高くなります。感染発病を防ぐ唯一の予防手段はワクチン接種です。
また、みずぼうそうを発症し治癒しても、水痘・帯状疱疹ウィルスは体内に残り、体力の低下、精神的ストレスや他疾患の合併などで免疫力が低下した時に再活性化し、皮膚の発疹、痛みが特徴の「帯状疱疹」として発症します。特に発疹が治った後も、何ヶ月、時には何年も辛い痛みが残ってしまう可能性があります。この痛みを「帯状疱疹後神経痛(PHN)」といいます。50歳以上から発症率が上昇し、約2割の患者さんが、PHNに移行するといわれています。その予防手段として帯状疱疹(みずぼうそう)ワクチン接種をお勧めします。
 
 
▲PageTop

接種対象

 
 
みずぼうそうにかかったことのない生後12か月以上の方
50歳以上の方の帯状疱疹予防に

※ 女性はあらかじめ約1ヶ月間避妊した後、接種後約2ヶ月間の避妊が必要です。
※ 他の不活化ワクチン(インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン)と同時接種を受けることも
  可能です。年齢、接種する時期が決まっていますので詳細は予約時にご相談下さい。
 
 
▲PageTop

接種費用

 
  8,000円(税抜)  
 
▲PageTop

接種時間帯

 
 
月・水〜金
月・水
  9
17
:00
:30
 
  12:00
19:00 ※接種を制限する場合があります。

※ 時間帯が他のワクチン接種と異なります。ご注意ください。
完全予約制となっております。予約の受付時間はこちらをご覧ください。
 
▲PageTop
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved